企業のネット炎上対策・ウェブマーケティングは大阪のアキナイスデザイン

企業の運用による炎上とは?

企業のアカウントから炎上やトラブルも起こっています。
例としては、東日本大震災の日に、東京にあるCDのレンタルショップがTwitterで営業の再開メッセージと共に『テレビは地震ばかりでつまらない』というような投稿をおこない炎上しました。
ソーシャルメディアの企業アカウントと言えど、結局は人が運営するものであり、ユーザーとのコミュニケーションが根源に存在しています。
人と人のコミュニケーションである以上、ちょっとした表現の違いで悪く捉えられてしまったり、あるいは一部の人には受け入れられる内容であっても、特定の人にとっては受け入れられない内容であるという事も十分にあり得ます。
だからこそ、企業を代表して情報発信をおこなう時は、その立場を理解すると共に、ユーザーへの配慮や思いやりなどコミュニケーション能力が求められる事を忘れてはなりません。
その他にも、ソーシャルメディアはどのような場所なのか?の理解や、企業として投稿前のチェック体制や運用ルールを事前に決めておく事で炎上トラブルを防ぐ事が可能です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3590-3939 受付 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る